役立つ資格

[ 消防設備士 ]

▷ 実施機関

 

 

 

 

▷ 受験資格

(財)消防試験研究センターの各都道府県支部 ※東京の場合/中央試験センター
〒151-0072 東京都渋谷区幡ヶ谷1-13-20
Tel.03-3460-7798
URL http://www/shoubo-shiken.or.jp

 

乙種は制限なし。甲種は大学・短大・高専で機械や建築などに関する学科や課程を修め卒業した者、乙種取得後2年以上の実務経験者。


▷ 消防設備の設置・点検の仕事で独立も可能

ある程度以上の規模の建物には、屋内消火栓や自動火災報知設備、スプリンクラーなどの消防設備の設置が法律で定められています。それらを設置し、その後の整備・点検までを行うのが消防設備士です。乙種は整備・点検のみ、甲種では設備の取り付け施工までを扱えます。  
消防設備を取り付けた後も、関係者が責任を持って定期的に整備・点検をしていくことが法令で義務づけられているので、一度施工すればその後も仕事の依頼を受けやすいので、独立しても安定した収入が望めます。そのためか設備業の人に限らず受験者数は増えています。


閉じる