役立つ資格

[ 一・二級建築士 ]

▷ 実施機関

 

 

 

 

▷ 受験資格

(財)建築技術教育普及センター
〒104-0031 東京都中央区京橋2-14-1 兼松ビルディング
Tel.03-5524-3105
URL http://www.jaeic.jp

 

二級は建築、土木に関する大学、または専門学校卒業と同時あるいは1年、高卒者は卒業後3年の実務経験の後、受験資格が受けられる。


▷ 街作りのエキスパート

建築士とは建築士法で定めれた資格で、一定の規模以上の建築物を設計、工事監理するのに必要不可欠な資格である。建築士法では建築物の設計、工事監理等を行う技術者の資格とされています。建築士には一級建築士、二級建築士、木造建築士の三資格があり、この三資格の違いは主に取り扱うことのできる建築物の規模によるものです。
二級建築士は、高さ13mをこえる建築物(4階相当まで)、木造以外では床面積300平米をこえるもの、木造でも学校、病院など人の集まる公共性の高い施設では床面積500平米をこえるものは取り扱えません。また、構造に関わらず床面積1000平米かつ2階以上も認められないなど制限が多いのですが、住宅や街作りの第一人者になりえるクリエイティブな資格でもあります。
一級建築士は小規模な個人住宅から延べ面積500平方メートルを超える高層ビルをはじめ、学校・病院など公共性の高いものも含めて、あらゆる建築物の設計と工事監理、建築確認申請、調査鑑定等の業務を行います。
建築に関する学歴がなくても、関連業務に携わりながら二級建築士の資格を取得する人は少なくありません。一級、二級どちらの場合も集中した勉強が必要になりますが、確実に合格を狙うならスクールに通った方が効果的です。


閉じる